記帳代行サービス

記帳代行サービスをご検討中の方へ

会社、個人事業、どちらも帳簿は大切です。経営状態の把握や税務申告のためには正確な記帳、きちんとした帳簿が不可欠です。しかし、毎日毎日の帳簿付けは結構大変なものです。

そんな記帳をバックアップしてくれるのが当社の記帳代行サービスです。

お客様には、日常の取引で発生した領収書や請求書をお送り頂くだけで、取引記録に基づいた正確な月次試算表を作成いたします。

このような会社の経営者様に最適なサービスです。

  • 数字や経理は苦手な方
  • 営業、開発等の得意分野に集中したい方
  • 業績のドンブリ勘定から脱却したい方
  • 決算の時に税金が心配の方


あなたの記帳代行サービスの必要度チェック

次の項目をチェックしてみてください。

さあ、どうでしょう。いくつチェックがつきましたでしょうか?
もし、あなたが本業に専念したい派なら『記帳代行サービス』をお勧めします。

会計事務所が入力するから安心

税理士報酬8000円~

入力は会計事務所の専門スタッフが自ら行います。領収書や請求書などの基礎資料を確認しながら入力して行きますので、入力内容のチェックも万全です。もちろん入力したデータは税理士が再度チェックします。

充実した会計レポートを提供いたします

月次レポート

月次業績をビジュアルで分かりやすくした経営資料です。数値が苦手な経営者にも、実数・比率・損益分岐点の観点から業績の推移が一目で確認できます。

1.経営実数分析

(1)業績関連分析

●売上高3期比較(月別売上実績)
●粗利益3期比較(月別粗利益実績)
●移動年計(売上高/粗利益/経常利益)
●月次損益推移(要約変動損益)●損益3期比較

(2)資金関連分析

●キャッシュフロー分析●資金運用分析(期首比較)●資金運用分析(前年同月比較)

2.経営比率分析

(1)収益性分析(2)生産性分析(3)安全性分析

3.損益分岐点

(1)損益分岐点(累計)(2)経営安全性分析(3)目標利益別必要売上

決算診断報告書

決算終了後、「決算診断」を実施することで、企業の収益力・財務力などから、現在抱えている経営課題が浮き彫りになります。

1.決算診断の目的

1-1 5つの会計活用法1-2 決算診断のねらい

2.貸借対照表分析

2-1 貸借対照表分析の体系2-2 3期比較貸借対照表分析
2-3 安全性分析2-4 財務健全度理想値比較

3.損益計算書分析

3-1 損益計算書分析の体系3-2 3期比較変動損益計算書分析
3-3 収益性分析3-4 生産性分析3-5 収益力・経営効率理想値比較

4.キャッシュフロー計算書分析

4-1 キャッシュフロー計算書分析の体系4-2 2期キャッシュフロー計算書分析
4-3 キャッシュフロー増減分析4-4 資金調達力理想値比較

5.企業格付分析

5-1 企業格付分析の体系5-2 定量分析5-3 スコアリングシート

6.損益分岐点分析

6-1 損益分岐点分析の体系6-2 損益分岐点分析6-3 目標利益別必要売上高

7.総合評価と今後の課題

8.企業成長発展のための経営改善体系

求人情報

ラジオ出演

無料相談フォーム

サービスのご案内

税務調査対策

当事務所の特徴

出版書籍

経営者であれば知っておきたい税務調査のイロハ


FXトレード会社設立運営のノウハウ


相続税申告書の書き方

事務所案内へ

ページトップへ