助成金申請代行

助成金申請代行

「資金調達」を考えた時に、ほとんどの経営者様は「銀行借入」や「公庫借入」を考えられます。知っていれば得られるはずの「助成金」をご存知でしょうか?
融資とは性質が全く違う返済不要のものです。是非、経営資源の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?

下記のようなお悩み、ご要望ありませんか?

  • どの助成金が当てはまるのか分からない
  • 人を採用したい、新しい制度・設備を導入したい
  • 業務が忙しすぎて助成金の申請まで手が回らない
  • 手続きが煩雑で面倒な気がする

当事務所の助成金専門社労士が丁寧に対応致します。

助成金とは

助成金は返済不要!

助成金は国の施策を実現するために支給されるものです。返済や利子等が発生しませんので受け取ることができれば事業発展に大きなメリットがあります。

助成金の財源は雇用保険料

厚生労働省関係の助成金は、会社が支払っている労働保険料雇用保険料の一部を財源としています。保険料を支払うだけでなく制度を有効活用しましょう。

助成金申請代行サービスの流れ

1.助成金に該当しているかどうかの診断

助成金をもらうためには、自分の会社がどの助成金の適用対象になるのかを知らなければいけません。当事務所では、専門社労士が丁寧にご説明させて頂きます

2.計画書作成

当事務所の専門社労士が必要書類を作成し、所定の行政関係窓口に申請提出を代行させて頂きます。ご自身で作成して申請するよりも手間なく、正確に申請を提出することが可能です。

3.実施

計画にあった施策を実施して頂きます。

4.申請書作成

実施、制度導入が確認されれば支給申請書を作成し、御社でご用意した添付書類とともに所定の行政機関窓口に申請を代行させて頂きます。

5.助成金の審査

申請書類と添付書類を提出すると今度はその申請書類に間違いがないかどうか添付書類に漏れがないかどうか行政機関で審査に入ります。

6.審査通過

申請書類に間違いがなく添付書類にも漏れがなく何も問題がない場合には助成金をもらうことができます。
そのときに支給決定通知書というのが会社宛に送られてきます。
逆に審査が通らなかったら不支給決定通知書が会社宛に送られます。

7.助成金の振込

支給決定通知書が届いた後から1週間から2週間以内にお客様が指定した口座に助成金が振り込まれます。

8.注意事項

助成金が振り込まれていても不正受給したと判明した場合には助成金の返還をするのはもちろん悪質ならば逮捕されるということもあります。
当事務所では法律にのっとり不正な指示、書類の改ざんは一切行いません。

求人情報

ラジオ出演

無料相談フォーム

サービスのご案内

税務調査対策

当事務所の特徴

出版書籍

経営者であれば知っておきたい税務調査のイロハ


FXトレード会社設立運営のノウハウ


相続税申告書の書き方

事務所案内へ

ページトップへ